blog ブログblog/ブログ

2017.02.12

商品追加のお知らせ フィネル Neptunシリーズ

フィンランドのホーローメーカーFINEL(フィネル)のNeptun(ネプチューン)シリーズをオンラインショップに掲載いたしました。

 

片手なべ 小サイズ

 

フィンランドを代表するデザイナー、エステリ・トムラがデコレーションデザインを手掛けています。びっしりと魚が描かれています。トムラらしい細かな線画で、魚の柄がとてもメルヘンチック。

 

持ち手の下までびっしり魚がいます。

 

プラスチックの取っ手のぐらつきもなく、ネジもしっかりしています。

 

片手なべ 中サイズ

こちらは先ほどの片手なべの一回り大きいサイズ。コンディションは先ほどのものと同等で、とても綺麗です。

 

両手なべ 中サイズ

こちらは使用感がほとんど感じられないほどの美品です。とっても大事に使われていたんだなーと思いを馳せてしまいます。

 

部屋に飾りたくなるお鍋です。

 

カテゴリ:商品紹介, mitei, 北欧雑貨 タグ:

2017.02.05

ピックアップ bedsidedrama ユニコーンスウェットプルオーバー

ベッドサイドドラマの新作第一弾。夢のかけらを洋服にちりばめた今作。こちらはユニコーンをテーマにしたスウェットです。

 

なんと背中にたてがみが。

 

わたくしも着てみました。全面に緋色をバックにしたユニコーンが描かれています。

 

水彩画のような淡いタッチ。布地がユーズド感があって、何度も洗いをかけたように柔らかく、肌馴染みがいいです。

 

袖は長め、リブがしっかりしてます。左右にポケットがあります。助かります。

 

なんといっても背中がポイント。

 

ふわふわのループフリンジです。

 

 

ユニコーンスウェットプルオーバー

 

デニムとカジュアルに合わせても女の子らしくてかわいいと思います。こういうバランスがさすがベッドサイドドラマです。

カテゴリ:商品紹介, bedsidedrama, mitei 

2017.02.05

ピックアップ bedsidedrama キメラ刺繍Tシャツ

ベッドサイドドラマの新作が入荷いたしました。まずはこちらのキメラ刺繍Tシャツ。早速詳細観察です。

 

東京コレクションではこんな装いでした。今季のテーマはDAYDREAM BELIEVER。夢のかけらを洋服に落とし込んだという今作は、いつも以上に女子を虜にする洋服がたくさん。

 

このTシャツは胸に2匹のキメラが刺繍されています。キメラとは違う遺伝子が混合した生き物で、この作品では夢の世界に出てきた架空の動物を表しているのでしょう。右の動物はサルとリスでしょうか。左は鷲と虎と・・・、いろいろ混ざってます。

 

形の特徴としましては、丈が前が短く、後ろが長いということ。お袖はロールアップ、裾が広がったAラインです。

 

わたくしも着てみました。前の丈は短いのでコンパクトです。生地が柔らかくしなやかなので、体に沿って綺麗な形になります。

 

身幅はでろーんと広いです。これが綺麗なドレープの秘密です。

 

後ろは丈が長い。

 

お袖のロールアップがかわいいんです。

 

キメラ刺繍Tシャツ

 

パンツにもスカートにも合います。とにかく刺繍がかわいくてオススメです。

 

カテゴリ:商品紹介, bedsidedrama, mitei 

2017.01.28

商品追加のお知らせ フィネル 鍋敷き(コンロカバー)

フィンランドFINEL(フィネル)社製のホーロー製鍋敷き(コンロカバー)をオンラインショップに掲載いたしました。

 

フィンランドでは電熱コンロが普及しており、調理後、熱を持ったコンロでやけどをしないように、このようなカバーをかぶせます。日本では電熱コンロではないので、カバーとしてではなく、鍋敷きとしてお使いいただけます。

 

柄がかわいいので、立てかけたり、壁に飾ったりしてインテリアとして楽しんでいただくのもオススメです。

 

フィンランドを代表するデザイナー、エステリトムラによるデコレーションです。ひまわりをモチーフとしたポップな絵柄。ハートが並んでいます。

 

カテゴリ:商品紹介, mitei, 北欧雑貨 タグ:, , ,

2017.01.15

ピックアップ HENRIK VIBSKOV Pepper One Size ワンピース

お久しぶりのブログ更新です。年明けに体調を崩してしまいまして、今日やっと実店舗の仕事始めとなりました。一人でやってるので、体調管理はしっかりしないといけないと反省した次第です。

 

さて、冬真っ只中ですが、当店には早くも春夏物が入ってきています。今回ご紹介するのはデンマークブランドのHENRIK VIBSKOV。2017年春夏のプレコレクションです。

 

ヘンリックの定番ともいえるジャージー素材のお洋服。

 

今回はこちらの変形ワンピースをご紹介します。

 

まず目を引くのは柄なのですが、実は形が非常にユニークです。

 

袖が4つあります。

 

ノーマルな着方としては、前の長袖を結んだスタイル。

 

前で結ぶとギャザーが寄ってボリュームが出ます。

 

ドレープが綺麗です。

 

前の裾が短くなるデザインです。

 

後ろは布地が縦にストンと落ちる感じ。

 

前の長袖を結ばずにそのまま垂らしたらスッキリしたシルエットに。

 

中心をずらして、左腕だけ長袖に通すと、アシンメトリーになって複雑な形になります。

 

横から見るとこんな感じ。

 

前後逆にして長袖から両腕を出すとこうなります。

 

後ろの丈が短くなります。

 

今度は前後逆にして、ノースリーブから両腕を出した着方。

 

後ろに結び目を持ってくるのも面白いです。

 

同じシリーズのパンツとセットアップで着るとかっこよさ倍増です。

 

中にタートルニットを合わせれば季節を問わず着ていただけます。

 

色違いでホワイトベースのものもございます。

 

何通りにも着れるワンピース。トップスとしてもお使いいただけるので、コーディネートは様々。これはかなり使える一着です。

 

HENRIK VIBSKOV Pepper One Size ブラックマルチ

 

HENRIK VIBSKOV Pepper One Size ホワイトマルチ

 

カテゴリ:商品紹介, Henrik Vibskov, mitei 

2016.11.20

ピックアップ Electronic Sheep ’ORGANIZED PATTERN’ ニットワンピース 

早くコートを着たいです~~

 

4

本日ご紹介するのはアイルランドのニットウェアブランドELECTRONIC SHEEPのニットワンピースです。今回のワンピースは形がストンとしていて適度にゆとりがあります。個人的に、ニットワンピースは体のラインに沿うから嫌いなんですが、これは着やすそうなので入れました。

 

dsc04363

着てみましたよ。こちらはピンク×ブルー。このお色はSサイズのみになります。パイピングとお袖のリブがブラックです。つなみに中に黒のタートルニットを着てます。

 

dsc04364

私は身長163センチですが、Sサイズだと結構短いです。袖はジャスト丈。

 

dsc04333

なので、身長がある人でミニ丈に抵抗がある方は、こんな風にトップスとして着ていただくのがおススメです。

 

dsc04335

裾が丸くなっています。

 

dsc04334

 

dsc04336

安心のポケット仕様。

 

electronicsheep2017n-3

こちらはグレー×ブラック。

 

dsc04353a

このお色はMサイズのみとなります。先ほどのSと比べたら丈が結構違いますね。ワンピースとしてはこちらのほうが抵抗がないかもですね。お袖も長め。

 

dsc04339

で、寒くなってきたらパンツと合わせてもいいし。

 

dsc04340

パイピングと袖のリブがレッド。アクセントになります。高い位置のポッケがかわいいです。

 

dsc04247

Electronic Sheep ‘ORGANIZED PATTERN’ ニットワンピース ピンク

 

dsc04245

Electronic Sheep ‘ORGANIZED PATTERN’ ニットワンピース グレー

カテゴリ:商品紹介, Electronic Sheep, mitei 

2016.11.12

ARABIA ATELJE ソルト&ペッパーボトル

オンラインショップの画像だけでは紹介しきれない商品情報をこちらに掲載していきます。

 

dsc04275

さきほどオンラインショップに掲載いたしましたこちらのソルト&ペッパーボトルについてご紹介いたします。

 

dsc04251a

1970年ごろに製造されていたATELJE(アトリエ)シリーズです。アトリエシリーズはハンドペイントで大胆に描かれた模様が特徴で、温かみのある陶器シリーズです。ひょうたんのようなコロンとした形がかわいい。

 

dsc04261

こちらのスパイスボトルのデザイナーはGunvor Olin-Gronqvist(グンヴァル・オリン・グラングヴィスト)で、底に「GOG」と記されています。

 

dsc04252a

ぐるりと描かれています。筆のタッチが素敵。

 

dsc04253a

後ろまでちゃんと描かれています。大小ともに同じデザインです。

 

dsc04254a

大きいほうは3つ、小さいほうは1つ穴があります。

 

dsc04270

どちらもプラスチック製の栓が付属しています。

 

dsc04269

開閉できます。

 

dsc04263

大きいほうの栓が経年により一部割れています。

 

dsc04264

栓としては問題ありませんが、心配な場合は市販のコルク栓に変えていただくとよいと思います。

 

dsc04273

並べて置くとマトリョーシカのようでかわいいです。

 

dsc04272

テーブルに置いておくのもおしゃれですし、こんなふうにインテリアとして飾るのもいいですね。大小セットで揃うことが珍しい商品です。ぜひこうして並べて置いて楽しんでいただきたいです。

カテゴリ:商品紹介, mitei, 北欧雑貨 

2016.11.03

ピックアップ bedsidedrama ハンプティダンプティパンツ

すっかり寒いです。ウールは必須。

 

bsd16aw-03_red_1_1

本日ご紹介しますのは、ベッドサイドドラマのハンプティダンプティパンツです。

 

dsc04230

ベッドサイドドラマの夜伽ばなしのセーターと合わせてみました。タックの寄ったふわっとしたパンツに、これまたゆるっとしたニットが合う!ハンプティダンプティと命名されただけあって、丸いシルエットです。足首にジッパーがあるのですが、これは少し開けて穿いてます。

 

dsc04229

不思議の国のアリスをテーマにしたパンツなので、アリスや花が描かれたオリジナルジャカードで作られています。

 

dsc04232

ハイウエストです。トップスを入れても可愛いです。ポケットは両サイドと。

 

dsc04233

お尻に2ヵ所、計4つもあって便利。

 

dsc04235

足首のジッパーを全部閉めてみました。足首がきゅっと細くなって、布がたまります。ちょっとカジュアルな印象。

 

dsc04236

ジッパーの開閉で印象が変わります。

 

dsc04225

ブラックです。落ち着いた雰囲気。

 

dsc04226

ブラックのほうが柄がわかりやすいかな?

 

dsc04228

穿いてみてわかったのは、ものすごく暖かいということ。肌触りもよくて、柔らかい毛布を着ている感覚。一度穿いたらあったかくて脱ぎたくなくなる(笑)

 

dsc04238

裏地が綺麗(表と反転した色)なので、ロールアップしてもいいです。写真がわかりにくてすみません。

 

dsc04239

ワンサイズです。ゴム製のベルトがついており、締め付けがないからストレスフリー。とにかく着心地がよくてびっくりしました。

 

bsd16aw-03_bk_1_2-1

bedsidedrama ハンプティダンプティパンツ ブラック

bedsidedrama ハンプティダンプティパンツ レッド

カテゴリ:商品紹介, bedsidedrama, mitei, 日記 

2016.10.22

bedsidedrama 2017S/S

現在渋谷ヒカリエで開催中の東京ファッションウィークですが、19、20日に行ってまいりました。実は東京のファッションウィークに行くのは初めてでして、一体どんなものかしらと、やや緊張しつつの参戦でございました。

 

今回の最大の目的は、10周年を記念してランウェイショーを行うbedsidedrama(ベッドサイドドラマ)です。前日の展示会に伺うことができたので、事前に洋服を把握した上でのショー観覧となりました。どんな組み合わせを見せてくれるのか楽しみでしたし、見ていても「こういう着方もできるのか」って発見もできて楽しかったです。

 

runway_00010_x

テーマは、ブランドコンセプトの原点に帰る意味も込めて「DAYDREAM BELIEVER」。さまざまな夢の断片を洋服に落とし込んだという今回のコレクション。ファーストルックは二人が肩から繋がったような姿で登場。この洋服はショーのためのものでしょう。現実から夢の世界に行く境目を表現したのでしょうか。

 

runway_00020_x

ベッドサイドらしいゆるいオーバーオールドレス。随所でぬいぐるみが登場して可愛かったです。

 

runway_00120_x

このワンピースは可愛かったです。生地の配置や色の入れ方が素敵でした。

 

runway_00310_x

もうひとつワンピースで気になったのはこちら。柄がインパクトがありつつ淡い色合いで優しい。前後逆に着ることができ、ファスナーを前に持ってくればカーディガンとしても着れます。

 

runway_00150_x

こちらは「かけ違いのシャツドレス」。寝ぼけてボタンを掛け違っちゃったということでしょうか。ショーではホワイトとブラックの2着をつなげて着るという面白い見せ方をしてくれました。これも布地がやわらかいからできるんですね。

 

runway_00110_x

いつもトップスがめちゃ可愛いベッドサイドドラマですが、今回は特に豊作です。スウェット類がやわらかい質感で好きでした。

 

runway_00260_x

こちらはユニコーンをモチーフとしたスウェット。背中にたてがみがあるのです。

 

runway_00240_x

Tシャツ類も良かったです。前が短く後ろが長い。袖の形も絶妙です。この写真じゃよくわかりませんが、リスと鳥みたいな何か(夢の中の動物?)の刺繍が入っています。

 

runway_00270_x

定番のニット。春夏はリネンの混紡でさらりと。形は秋冬のニットよりかは短め。今回はポケットがあります。今回も柄がいいですよ~。これは夢を食べるというバク。少女の両側にバク。キュンキュンしますね~。

 

runway_00320_x

ブラックは心臓と戯れる女の子。

 

 

とっても素敵な夢の世界を見せてもらいました。これまた、どれを入れるか迷っちゃうな~。

 

カテゴリ:bedsidedrama, 日記 

2016.10.10

ELECTRONIC SHEEP 三角ショールの巻き方講座

毛解禁!

今季初めてウールを着ました。寒くなりだしたら早いのよね。今の時期は朝晩が寒くて昼暑い。この気温差にはショールがもってこいです。

 

electronicsheep2017-n5

ロンドンのニットウェアブランドELECTRONIC SHEEPの新作が入りました。

 

dsc04027

こちらのブランドの定番は三角ショールなんですが、これが巻きやすくて重宝するんです。

 

dsc04138

まずは普通に肩に掛ける。

 

dsc04140

エレクトロニックシープは柄がユニークです。背中に柄をもってくることで、シンプルな格好も一気におしゃれになります。あとね、背中が暖かいんです。

 

dsc04139

次は三角の先端を結ぶ。結んだあと、中心をずらすのもアシンメトリーになって面白いです。

 

dsc04141

こちらは首元でぐるぐる巻きに。

 

dsc04142

ほどよくボリュームが出ます。

 

dsc04134n

背中の三角を中心からずらして巻く。この巻き方はオススメです。

 

dsc04135n

柄を腕部分にもってきたらこうなります。

 

dsc04143

さらに首元でぐるぐる巻きにするとこうなります。三角をどこに持ってくるかがポイント。

 

dsc04144

見え方をいろいろ変えられるのが面白い。

 

dsc04133n

三角を前に持ってくるとこうなります。コートの中で巻いて、襟もとの防寒対策にもいいです。

 

es16fw

Electronic Sheep ’ORGANISED PATTERN’ビッグトライアングルスカーフ

※実際の商品には、フリンジは付いておりません。

カラー: グレー

サイズ: Across Top 174cm Sides 102cm Middle Drop 54cm

素材:68% MD modal, 29% shrink-resistant fine Merino wool, 3% EA elastan

お手入れ:手洗い

MADE IN GREECE

¥15,300+tax

 

bsd16aw-19_gr

こちらのbedsidedrama(ベッドサイドドラマ)の夜伽ばなしのセーターもお勧めです。

サイズ:2(着丈:67cm 身幅:81cm 袖丈:50cm)

カラー:グレー

素材:ウール100%

お手入れ:手洗い

Made in JAPAN

¥22,000+tax

 

カテゴリ:商品紹介, Electronic Sheep, mitei 

3 / 1012345...10...最後 »

pagetop