企業理念


IT's exciting.
ITを通じて人々や社会をわくわくさせる。


 私達は情報技術を通じて人々や社会をサポートすると同時に人々や社会がわくわくするようなサービスを提供し続けます。
滋賀をデータ活用先進地域に、そしてDSのシリコンバレーのようにしたいという思いのもと活動を続けています。

 

代表の画像

コーポレートロゴと社名について

ロゴ

IT’s exciting.
 ITを通じて人々や社会をわくわくさせる。の企業理念と、
社名の由来である”未定”の未来を確定させる魔法使いでありたいとの思いの融合が
このロゴに反映されています。
”IT”の文字は爽やかな琵琶湖の水を思わせるミテイブルーに染めました。

CSR活動

琵琶湖

昨今、外来種問題が深刻化しており現住地である滋賀県でも
琵琶湖におけるブラックバス等の外来種が問題視されています。
侵略的外来種により生物多様性や農林業等への影響が懸念されており、
外来種問題は大きな社会問題であることは事実です。
これらを背景に、テレビ番組でも特定外来生物を中心に取り上げられることが増えました。
これらは一見良い事のように思えるが、
そこに映る彼ら外来種のほとんどは非常に凶暴で悪者です。
しかし実際には人間の都合で日本にやってきた生物達であり、
凶暴な悪者にしているのも人間であり、
その悪者を退治するのも人間です。
私達は、生き物全ての柔らかな表情を守る人間でありたい。
そして、駆除し、減らしていくことだけが外来種問題のゴールではないと考えます。
現状は、捕獲して駆除することが野生化した外来種を減少させる主な方法とされています。
私たちは、データを扱うスペシャリストとして、
生息環境等あらゆる調査を行い得たデータや既存のデータを用い解析することで、
駆除ではない違ったアプローチ方法があると考えています。
私たちは近い将来、外来種問題の解決共存を目指したビッグプロジェクトを遂行します。
生き物が大好きな方や生物保護活動にご興味のある企業様など、
調査・保護活動の支援及び協力していただける方、どんな形であれ生き物に関するデータをお持ちの方を随時募集しています。
ぜひ、ご連絡ください。